第62回さつま鰹節産地入札会 かつおなま節屋 (有)新屋敷建商店のBlog。

第62回さつま鰹節産地入札会のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

第62回さつま鰹節産地入札会

本日、第62回さつま鰹節産地入札会が行われました。
例年9月に、もう一つの産地、枕崎と連続開催されている一大イベントでもあります。

威勢の良い掛け声とともに、全国各地から訪れた問屋さん方が札に希望価格を書き込み、開札されていく入札会。

さつま鰹節産地入札会1


↓のように見本品の入ったケースがコンベアの上を流れ、各問屋さんは値定めていくわけです。

さつま鰹節産地入札会2

さつま鰹節産地入札会3

今年は春からの原漁高により相場がどうなるか心配されていましたが、昨年よりは高値が付いた模様です。ただ、だからといって喜んでもいられないんですけどね。

重油高や不漁、海外の魚食ブームによる原料不足などなどに追い打ちを掛ける今年春からの原漁代高は弊店でも痛いところ。

未だ治まるところを知らないわけですが、まぁ、これがすべての原因ではないのですけど、かつお節業界は苦しい立場にいま、立っていたりします。

そんな中での産地入札会。
各原料代は上がるけれでも卸値はここ数十年変わらずといった風でして、この入札会での相場が値上がったことは各問屋さんもかつお節業界のいまの現状を分かって頂けたかな、と思うのです。

弊店も、原料高の中ですが、皆様に良い品を一つでも多く召し上がって頂けるように、頑張れる所までは値段据え置き、現状維持でやっていきます!

是非とも弊店、マルン印のかつおなま節をご賞味下さいませ。

スポンサーサイト

2007年09月13日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。